品質

ジェムストーン付きジュエリーについて

当店で取扱うANATOMETAL(アナトメタル社)のジェムストーン(宝石)付きジュエリーは、全てオートクレーブでの高圧滅菌処理が可能となっています。

アナトメタル社のジェムストーンのセッティングにはベゼルセットとプロングセットなどがありますが、どれにおいても接着剤等は一切使用せず、ジェムのエッジ部分を金属により包みこみ固定する安全で丈夫な構造です。
ANATOMETALでは、ホイルバックジェム(金属箔で後ろ側をコートしたもの)は一切使用せず、市場において最高品質のスワロフスキー社製シンセティックストーン(人口宝石・合成宝石)やクリスタルガラスの他、天然ダイヤモンドや天然サファイアをはじめとする多種多様な天然宝石をご用意しております。

研究室や工場で人工的に育成された宝石(ラボラトリーグロウ)であるシンセティックストーンは天然石に比べとても強く、チタンやサージカルステンレスなどのとても硬い金属で加工・固定されても破損や損傷することは稀であることからANATOMETAL社のほぼ全てのジュエリーで取扱われています。

一方、天然石は岩石中で長い年月をかけて自然界で成長しますが不純物の混入や傷も多く、人工石に比べ軟らかいものが多い為、チタンやサージカルステンレスなどのとても硬い金属での加工には適さないことから、基本的にANATOMETALでは18金など軟らかい金属製ジュエリーのみでの取扱いとなります。

ANATOMETAL社で取扱われている宝石の種類やカットに関する詳しくはアナトメタル社ホームページをご参照ください。

 

 

ケア方法

長期間同じジェム付きエンドを身体に装着していると、ジェムが黒ずんで見えることがあります。
これは台座と宝石の間に汚れなどが溜まってしまった状態にあり、ジェム自体が変色しているわけではございません。(※スワロフスキーパッショントパーズについては天然トパーズの表面に着色を施した宝石ですので、過度の摩擦になどによって色落ち致します。)

体質(汗や体液など)や生活環境によっても様々ですが、

・温泉や入浴剤、石鹸などの成分が台座とジェムの隙間に入り込んだ
・紫外線(直射日光、日焼けサロン)をよく浴びた
・ボディークリームや日焼け止めクリームをよく塗っている

などのケースも原因の一つに考えられます。

特に奥まった部位などのピアスはジュエリー本体をよく洗浄することが難しい為、台座と宝石の間に汗や体の汚れが溜まりやすいです。

この汚れを落とす最良の方法は超音波洗浄機でこまめに洗浄することです。 (※当店にて使用済みのピアスジュエリーの洗浄は承っておりません。)

爪楊枝や鋭利なもので汚れを落とそうとすると、破損の原因になりますので決して行わないで下さい。

尚、ANATOMETAL社製のジュエリーは接着剤を使用していない為、刺激を与えてしまうとジュエリーが大変壊れやすいです。
故意に刺激を与えた場合のジェム破損は、無償での修理が出来ませんのでご注意ください。