品質

ゴールドジュエリーについて

純粋な状態のゴールドは化学的に非常に安定しているため、金属製のボディピアスジュエリーの主な問題点である腐食や酸化に耐性があります。
しかし、純金(24K)や18金(18K)以上はボディピアスジュエリーとしては軟らかすぎるために使われることはありません。

18K-1

ゴールドの純度はカラット(K)で表記されます:

14カラットのゴールドは純金が58%
18カラットのゴールドは純金が75%
22カラットのゴールドは純金が92%

イエローゴールドの化合構成: ゴールド(Au)、銅(Cu)、シルバー(Ag)、亜鉛(Zn)
ホワイトゴールドの化合構成: ゴールド(Au)、銅(Cu)、パラジウム(Pd)、亜鉛(Zn)

上記の通り、当店で扱っているアナトメタル社の18Kホワイトゴールドには、ニッケルへの悪反応を起す可能性を完全に排除するために、ニッケルの代わりにパラジウムが混合されています。
また、ローズゴールドには人体に悪影響のある金属カドニウムを使用しておりませんので、安心してご使用ください。

アメリカのAPP(プロフェッショナルピアッサーズ協会)ではゴールドであれば14金(14K)と18金(18K)をボディピアス素材として推奨していますが、アナトメタル社ではより不純物が少なく人体に安全な18金(18K)のみを使用しております。
14金(14K)でのお取り扱いはございません。
尚、ANATOMETALの18金製品は、自社工場で18Kソリッドゴールド(ソリッド=チューブや空洞のものでなく固体)を鋳造しています。

18K-2

ゴールドジュエリーのケア方法

14金(14K)と18金(18K)では発汗したときに放出される脂肪酸によって一時的に色が少々濃くなるなどの変色を起こすことがあります。

特に高温と空気にさらされると変色する可能性があり、亜熱帯地域ではとりわけ顕著になる可能性があります。

しかしゴールドの変色は腐食しているわけではなく表面的なものにすぎないので、ゴールドジュエリー用の研磨布やゴールド用プロダクトなどを使用して磨くことにより簡単に取り除くことができます。
尚、殺菌剤、クリーナー、塩素やふさわしくない方法を用いると、金を完全に腐食させ変色させてしまう原因になりますので避けてください。