品質

ナイオビウムジュエリーについて

ナイオビウムはある面から検証してチタンととても類似した性質の素材でありますが、チタンよりも重く高価で、且つ粘り気の強い性質でチタンよりも加工しにくい為、ボディピアスジュエリーとしても医療器具としてもあまり市場に出回っていません。

チタンに比べ重く高価であることから医療器具としての需要がほぼないこと、更に混合物が少しでも入ったナイオビウムはその理由のみで体内に入れるものとして不適合であることから、チタンサージカルステンレスのようなASTM規格保証はナイオビウムには制定されていません。

よって、当店で取り扱うアナトメタル社のナイオビムジュエリーは、混合物ゼロの100%ナイオビウム素材のみで作られています。

混合物ゼロの100%ナイオビウム素材は体内に入れても化学反応や体液や血液による化学変化を起こさないことが立証されており、ボディピアスジュエリーに使用するにあたり、アナトメタル社で扱う医療用チタン素材同様、ナイオビウムは人体に優しく安全な金属で、基本的にはアレルギー体質の方でも安心してご利用いただけることが立証されています。(※しかしながら非常に稀ではありますが、ナイオビウムによるアレルギーも報告されていますので、ご心配の場合には事前にナイオビウムの金属アレルギー検査を行うこと をお勧め致します。ナイオビウムでアレルギーが発症したというケースの多くが、ナイオビウム素材そのものではなく混合物に反応しています。)

またナイオビウムはチタンととても類似した性質の素材である為、陽極酸化処理が可能であり、チタンでは発色できないカラーである、ブラックとオパールシェントを楽しむことが出来ます。

ナイオビウムもチタン同様、表面に「酸化膜」という薄い皮膜がありますが、これが金属イオンが溶け出すのを防いでいます。
そして発色させるために陽極酸化処理をすることでこの「酸化膜」が更に強くなり、人体への安全性がより高まることもナイオビウムの特長といえます。

Nb

ナイオビウムジュエリーのケア方法

ファーストピアスとして使用する場合は、オートクレーブで滅菌処理をしましょう。
完治したピアスホールに装着する前には、石けんと温水で洗浄するか、プロパノール等のアルコールでよく拭きましょう。

・装着後は入浴の際にシャワーでよく汚れを洗い流し、やわらかい布で水気を拭き取ってください。
洗髪料や石けん類は洗い残しがあるとピアスホールに問題を起こす可能性があるので、度々ジュエリーを外し、ホールとジュエリーの双方を充分に温水で洗浄して下さい。

・皮脂やほこりなどの汚れを放置するとジュエリーの輝きが鈍くなってきますので、宝石・各素材専用のクリーニングクロスを使用し優しく磨いてください。
溝などの細かい部分の汚れが気になる場合は、超音波洗浄機をご使用ください。(複数ジュエリーとの使用NG)

⚠ 歯ブラシや爪楊枝などはジュエリーの破損、傷や品質劣化の原因になりますので使用しないでください。

⚠ 殺菌剤、クリーナー、塩素やふさわしくない方法を用いると、ナイオビウムを腐食させてしまう原因になりますので避けてください。

ハイポリッシュ以外のナイオビウムカラーについては陽極処理もご参照ください。

ケアについてご不明な点やご不安がある場合はケア前に一度お問い合わせください。

 

<関連記事: よくある質問 – 11.) 使用後のジュエリーの修理はできますか? / 12.) 商品は滅菌済みですか?