品質

ステンレススチール製(=サージカルステンレス製)のボディピアスジュエリーについて

もともとステンレススチールはスプーンやフォークなどに使用する銀の代わりとして開発されたのですが、その優れた耐腐食性によりインプラント(生体移植)にも使用されるようになり、今日の米国におけるボディピアスジュエリー市場では最も一般的な素材となりました。
現在ボディピアスジュエリーに使われているステンレススチールは316L(VM)という種類のものがほとんどですが、316L(VM)という表記は耐腐食性が高いステンレススチールであることだけを示しています。
ステンレススチールにも他の金属同様、ピンからキリまで様々なグレードや純度があり、ただ単に「医療用ステンレス」「サージカルステンレス」「ステンレス316L(VM)」という表記だけでは何の安全性も保証されていません。

そこでASTM(米国試験材料協会)がインプラントグレード(生体移植)として316L(VM)が最適に機能するよう構造上の特徴を研究し、F138という規格を制定しました。
316L(VM)の中でも、耐腐食性が最も高く、アレルゲンとなるニッケル含有量が極めて低く、Vacuum Melted(真空溶解)という不活性ガスなど不純物の解離揮発を促し高純度材料を得る工程を経たLow Carbon Content(低炭素含有)であるステンレススチールだけにASTM F138の規格保証が与えられます。

当店の取扱うアナトメタル社のステンレスジュエリーは、ASTM F138の米国ASTM規格(※1)に規定されている医療用ステンレス(サージカルステンレス)素材のみで作られています。
硬度が高く、腐食しにくく耐久性があり、水に溶け出しにくい性質の為金属アレルギーはほとんど起こらない素材として、歯科治療ではインプラント治療に、メガネフレームや人体器具(ペースメーカーや人工関節など)に使用されてるのがこのASTM F138規格保証付のサージカルステンレスとなります。(※しかしながら非常に稀ではありますが、ステンレススチールによるアレルギーも報告されていますので、ご心配の場合には事前にステンレススチールの金属アレルギー検査を行うこと をお勧め致します。ステンレススチールでアレルギーが発症したというケースの多くが、ステンレススチール素材そのものではなく混合物に反応しています。)

そしてアナトメタル社はこのASTM F138規格保証付きのサージカルステンレスを鏡面仕上げ(ミラーフィニッシュ)に研磨することで、人体への安全性を更に確保しています。

(※1)ASTMは米国試験材料協会の略であり、その規格は国際的に製品の品質を向上させ安全性を高める為に存在しています。2014年現在、約 12,000種類以上の規格が発行されており、その策定には150か国・30,000人以上のメンバーが参加しています。世界75か国で法規制などの基準 とされるなど、国際的に広く通用しています。

 

ステンレスジュエリーのケア方法

ファーストピアスとして使用する場合は、オートクレーブで滅菌処理をしましょう。
完治したピアスホールに装着する前には、石けんと温水で洗浄するか、プロパノール等のアルコールでよく拭きましょう。
装着後は入浴の際にシャワーでよく汚れを洗い流してください。
洗髪料や石けん類は洗い残しがあるとピアスホールに問題を起こす可能性があるので、度々ジュエリーを外し、ホールとジュエリーの双方を充分に温水で洗浄して下さい。
尚、殺菌剤、クリーナー、塩素やふさわしくない方法を用いると、ステンレススチールを腐食させてしまう原因になりますので避けてください。