品質

プッシュピンの構造

プッシュピンバーベルは従来の内ネジ式アナトメタル製ボディピアスと異なり、ピン状のエンドパーツをバーベルに差し込み装着し、両方の端を引き離して取り外すピアスジュエリーです。
ネジ式ピアスでは着脱が困難なトラガスやノストリルなどの部位にとても使いやすく重宝です。
また、直径が3mm以下の極小のエンドパーツはネジ式よりも断然こちらのプッシュピンタイプが取扱いが簡単です。
アナトメタル プッシュピンバーベルの構造は以下の通りです。

 

Pages

①バーベルとキャッチのエンドパーツが一体化したプッシュピンバーベルに、ピン状のエンドパーツを1/3~半分ほどまで差し込みます。


Pages

②1/3~半分ほどまで差し込んだら、ピン状のエンドパーツトップ部分を少し下に押し曲げます。※注意1※


Pages

③曲げたピン状のエンドパーツを奥までしっかり差し込みます。曲げたことによって、プッシュピンバーベルに固定されエンドパーツがしっかりとはまります。


Pages

④外す際は両方の端を引き離します。きつくはまっている場合は、ピン状のエンドパーツトップ部分を引っ張りつつ僅かにねじる動作を加えると外れやすくなります。


 

※注意1※

プッシュピンバーベルとピン状のエンドパーツをセットアップでご購入いただいた場合は、すでにピン状のエンドパーツは本社工場にて曲げられた状態で入荷しますので②の動作は不要です。
ピン状のエンドパーツ単品でご購入された場合のみ、②の動作を加えてください。

 

※注意2※

着脱を繰り返すうちにピン状のエンドパーツの曲がり具合が緩んできますので、随時ピンの曲がり具合をチェックしてください。
充分に曲がっていない際は②の方法で曲げ直し、調整してください。