品質

チタンジュエリーについて

最近チタン製のアクセサリーやジュエリーはとてもよく市場で見かけるようになりましたが、チタンと言っても他の金属同様、ピンからキリまで様々なグレードや純度があります。
チタンと聞くとすぐに思い浮かべるのが「アレルギーフリー」という言葉ですが、アレルゲンとなるニッケルなどの重金属含有量が高いチタンもあれば、アレルゲンとなる重金属の上をチタンでメッキ加工したものまで出回っていますので、充分に気をつけなければなりません。

当店の取扱うアナトメタル社のチタンジュエリーは、ASTM F136の米国ASTM規格(※1)に規定されている医療用のチタン素材のみで作られていますので、上記のご心配なくお使いいただけます。
軽く、硬度が高く、腐食しにくく耐久性があり、水に溶け出しにくい性質の為金属アレルギーはほとんど起こらない素材として、歯科治療ではインプラント治療に、メガネフレームや人体器具(ペースメーカーや人工関節など)に使用されてるのがこのASTM F136規格保証付のチタンとなります。

そもそも金属アレルギーというものは汗や体液に金属が反応し体内に溶け出して起こります。
アナトメタル社で使用している医療用チタン(インプラントグレードチタン)は、とても硬く強く、イオン化傾向が低く、水に溶け出しにくいため、人体に最も優しく安全な金属であり、基本的にはアレルギー体質の方でも安心してご利用いただけます。(※しかしながら非常に稀ではありますが、チタンによるアレルギーも報告されていますので、ご心配の場合には事前にチタンの金属アレルギー検査を行うことをお勧め致します。チタンでアレルギーが発症したというケースの多くが、チタン素材そのものではなく混合物に反応しています。)

素材として優秀なだけではなく、美的面でも医療用チタンは優秀であり、陽極酸化処理による鮮やかな全16色(無色のハイポリッシュ含め)を楽しむことが出来ます。

Ti

酸素との結びつきが強い医療用チタンには、そもそも表面に「酸化膜」という薄い皮膜がありますが、これが金属イオンが溶け出すのを防いでいます。
そして発色させるために陽極酸化処理をすることでこの「酸化膜」が更に強くなり、人体への安全性がより高まることもチタンの特長といえます。

尚、アナトメタルの使用するグレードの医療用チタンには軽量金属という特長もありますので、大きなサイズのリング状ピアスジュエリーなどを装着する際に、重みによる体への負担を軽減することが可能です。

(※1)ASTMは米国試験材料協会の略であり、その規格は国際的に製品の品質を向上させ安全性を高める為に存在しています。2014年現在、約12,000種類以上の規格が発行されており、その策定には150か国・30,000人以上のメンバーが参加しています。世界75か国で法規制などの基準とされるなど、国際的に広く通用しています。

 

チタンジュエリーのケア方法

ファーストピアスとして使用する場合は、オートクレーブで滅菌処理をしましょう。
完治したピアスホールに装着する前には、石けんと温水で洗浄するか、プロパノール等のアルコールでよく拭きましょう。
装着後は入浴の際にシャワーでよく汚れを洗い流してください。
洗髪料や石けん類は洗い残しがあるとピアスホールに問題を起こす可能性があるので、度々ジュエリーを外し、ホールとジュエリーの双方を充分に温水で洗浄して下さい。
尚、殺菌剤、クリーナー、塩素やふさわしくない方法を用いると、チタンを腐食させてしまう原因になりますので避けてください。
またハイポリッシュ以外のカラーチタンについては陽極処理もご参照ください。